板橋の美容院・美容室 ヴィサヴィ

白髪になる人と白髪にならない人の違いと理由があるんです!

bfc75ecbf0b1b15f006c1408afcbeaa9

 

白髪になる人とならない人がいるのはどうしてでしょうか。
そもそも、人の髪の毛は何故、黒が多いのかご存知ですか?

 

これは、メラニンといわれる褐色の色素があるためです。
黒いインクのようなものだと考えれば分かりやすいかと思います。

 

日本人は、このメラニン色素が満遍なくあるため、髪の毛が黒く見えています。

 

では、どうして白髪になるのでしょうか。
白髪の直接的な原因として、メラノサイト(色素細胞)の機能が低下というものがあります。
この機能が低下していくと、メラニン色素を作ることができなくなり、その結果、白髪となってしまいます。
*髪が黒く見えるメラニンが作れなくなる=黒が抜け白髪となってしまう。

 

 

では、次にメラノサイト(色素細胞)の機能が低下する原因ですが、これは色々とあります。

 

①老化 老化によって細胞の活性の弱体化
②ミネラルなどの栄養素不足(無理なダイエットで白髪が増えたりするのはこのことが原因の可能性大)
③生活習慣(不規則な生活は髪の毛にとって悪影響です)
④遺伝(元々、白髪になりやすい遺伝的要素が強い)
⑤ストレス(ストレスで円形脱毛になる方もいます。ストレス状態が続くと髪の毛にも悪影響です)

 

カラーリングによる頭皮への影響は直接、頭皮に薬剤を添付するわけではないため少ないと思われます。
それでも、絶対に影響がないとは言い切れません。
出来るだけ頭皮、毛髪に優しい天然成分の毛染めの利用してください!

 

stylist おやまだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

カレンダー

    2020年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月間アーカイブ

Web予約
topへ